OLYMPUS C40z




今となっては珍しいスライドカバー

総合的に見て2002年春現在のベストバイ。
これにして損はない。

形式的にキヤノンのS-40とよく比較されるモデルだ。
迷わずに買った。

まず手にとってその質感の高さに興奮した。初めての質感。
なんだろ、アルミ合金でもステンレスでもない肌触り。やばい。
触り心地が特異にしなやか。さわさわしてしまう
これをスキンシップというのだろう・・・
そして毎回レンズカバーを開け閉めしていると
ただ電源ボタンを押すだけで起動するモデルでは
コミュニケーション不足にも思えるはず。

液晶が精細。ノイズ感がないし透明感がある。
カバーガラスがないので指で触れれば波紋が立つ。生々しい。

程よいコンパクトさ。軽いが厚みがある。
Finepix 50iのような薄型機種はホールディングを犠牲にしている。
携帯性かホールディング、どちらにするか。
そこでC-40zはホールディングを選んだ。
買主の手にしっくり馴染みたいという心情を感じられてかわいいではないですか。


【問題点】
十字ボタンは携帯電話のようにレスポンスが良いからOKだけど
起動・終了と画像記録は若干遅く、
液晶ボタン[電源ON/OFFと再生/撮影の切り替え]は呪い。
あと単三ニッケル水素充電池2本駆動なのでスタミナはない。





オリンパ400万画素モデル C-40Zoom

何を撮影しても満足、きれい。最高のデジカメ。
スマートメディアが使える小型デジカメの中で最高。
画素数競争に至る以前のもの。
いや、現代にも通じる素性の良さがある。

 


スピーカーでBOSEならデジカメはFuji Finepix。
コンシューマー的で安心感、特別な知識がなくても扱える感じ。
存在感は今風というかチープなものが多いけど使っていて気分がいい。
メインというより、スナップ用、サブシステム用として使う人が多い。
ひねくれ者のマニアでもなければすんなりと好きになるメーカー。
DIATONEはMinolta。マニアが求める真面目な写真画質。
JBLはKODAK。空気感やわびさびよりも、力強さで推していく。
ジャズは圧巻。持ち前の分厚い解像が渦巻く。コダックブルー。
Nikonはビクター。わりと若やいでる甘美な基調。
そしてオリンパスの場合はティアックだろう。
日本的な造りの良さと真面目さ。カメラとしての王道を進む。
日本的なおしとやかさがあり、長期的に魅了できる。
デザインも無骨で現代アンティックな路線を持っている。

と思ってみただけ。


写真
C-40zの色あい
撮影画像
動画一覧

比較
Finepix4500 大きさ比較
FinepixF601 比較
TOSHIBA M25 画像比較
gaNeza像 / Cristo像 / Hanuman像

詳細
使用感とか操作感とか

附録
ある日の出来事
(生写真あり)
さよなら愛☆地球博
(まだ使ってるの)
屋久島の原生林
(まだまだ使ってるの)

後日談
2005年,2012年



 tukipie デジカメインプレッション 機種一覧へ