〔デジカメご朱印帳〕


MINOLTA DiMAGE A1


静物画


SONY JA22ES


SONY MDS-JA22ES
SONY MDS-JA22S






SONY MDS-JA22ES SONY MDS-JA22ES
DiMAGE A1 AUTO canon IXY450 AUTO






D.Cameras










ECLIPSE E3510CMT


E3510EMT
ECLIPSE E3510CMT






Nakamichi IA-1


Nakamichi IA-1 白トビしすぎ
Nakamichi IA-1



Nakamichi IA-1 Nakamichi IA-1
DiMAGE A1 Finepix F610







丘に佇み空を見上げる猫





愛☆地球博閉幕の日








PERREAUX PMF2350


PERREAUX
プローの物語


PEAURREAUX?PERREAUX Newzealand

南の国よりさらに南の国。ニュージーランドのすずしげな息吹がただよう。その空のようには透明ではないけど、シンプルで元気な音を出す。いつも空は物憂げに曇っているけど馬力があるアンプで、霞んだ色がオーロラ的に移ろい移ろうのが玄妙です。
西表でインストラクターの資格取ってきた友達は、南ポリネシアによく行く。ガラパゴスやマダガスカル島に僕は一度行ってみたいんだけどめちゃくちゃお金はかかるらしい。40万とか60万とか。VIPしか行けない [CHORD, HALCRO]。やっぱ名前の知られていない島が安いようだ [MANLEY, SOUTHER LAND]。でもフィジーとかグアムとか、メジャーすぎるところも安いツアーが組めるらしい [B&W, marantz]。西表の海で「かしぱんうに」とかいう名前のへんてこな新種の貝を拾い、おみやげにもってきてくれた。西表は奥へ進むと地球じゃないみたいで、これ以上進むのがこわくなるらしい [hi-end cable, occult goods]。
PERREAUXのPMF2350は4万で購入。プリのSM3とあわせて7〜8万円です。輸入物にしては安いといったところ。国産ではDENONのPMA-2000AEやmarantzのPM-15S1の中古相場と同じぐらいで、どちらのほうがいい音かといったらDENONとかmarantzだけど、際物好きならPERREAUXかな。ちょっと別の世界が見える。











Vienna Acoustics S-1




Vienna Acoustics Model S-1
ウイーンアコースティック モデルS1






Vienna Acoustics Model S-1
(カメラ: SANYO DSC-AZ1 補正あり)

このスピーカーももともと繊細なタイプではなく
PathosのE-motionのようにネクタールのような甘い音を出す。
低域は心地のよい音色のままに身体に響く音を出す。中身が詰まっている。






Vienna Acoustics Model S-1
(カメラ:SANYO DSC-AZ1)

XPPウーファー
ニフラムの音ながら、とても艶やかな音色を醸すところがよい。
まとまりはよいがサイズは小さいので、高分子素材のウーファーの高分子加減が見え透いてしまうところはある。







Vienna Acoustics Model S-1 現地ではハイドンと言う

このスピーカー自体楽器的だからソロは特にいい。
ダイナミックレンジはいまいちで、大音量では空回りが感じられることはある。
現行のS1Gでは分解能は増した。でもたいしたことはない。









Vienna Acoustics Model S-1 Vienna Acoustics Model S-1
SANYO AZ-1
AUTO
MiNOLTA A1
ホワイトバランス:白取り込み


 S-1はよく低音が出る。どーんどーんと頭打ちなく自由闊達に出てくる。特にAuraのプリメインのときは気持ちいいぐらいに包まれた。
 山水907XRもよく低音は出る。量感としてはAuraのVA-200と同じぐらいによく出てる。さすがに907は力感が違う。輪郭が伴う。また、DENONのプリメインPMA-2000Vも低音はわりと節操があり制動されていた。ただ、力強さはあるけど冷めた感じだった。907XRは深い海のゆるやかな運動が若干重々しい。重々しさが重苦しくもなったりする。分解能は低くてもAuraのアンプのときが一番天国だった。生き生きとしている音で全域にかぐわしさが漂う。両者の曖昧性がうまい具合に合致して導き出された音の調べであつた。








Vienna Acoustics S-1:ミノルタのA1に感謝;ほんと美しく撮れた

ウーファー拡大








Vienna Acoustics S-1 :裏側。











ウイーンアコースティックスと猫
猫がにおいを嗅ぎにきた