ASRock Phantom Gaming X Vega56







Phantom Gaming X Radeon RX VEGA 56 8G
排熱は横からエアーを流していく仕様のためか、ファンはこの一基で動作。
この形状は合理的だと思っています。
あとASRockはクロック数が少ないです。
なるべく末永く使いたい自分的にはそこが決め手だった。
頻繁に買い替えしたい人はOCされているモデルを選択する。
マザーボードに差し替えるだけだからね。










エンジンクロック / メモリクロック
ブーストクロック: 1471 MHz / 800 MHz
ベースクロック: 1156 MHz / 800 MHz

ビデオメモリ
HBM2 8GB

特長
ダブルボールベアリングファン設計
高性能コンポジットベイパーチャンバー
8K 解像度に対応

Phantom Gaming Tweak(ファントムゲーミングトゥイーク) ユーティリティ
温度およびファン速度監視
エンジン / メモリクロックトゥイーク(微調整)
エンジン / メモリ電圧トゥイーク(微調整)











このディップスイッチはBIOSレベルでクロックを指定するもの。
低クロックが好み。ワットパフォーマンスが高い。
ソフトウェア上でもOCやSilentモードが選択できるけど、それとは別。
両方を低クロックにしてもいいぐらい。OCではたいしてスコア伸びない。






これはよくわからない。本体のLEDの色の設定でしょうか。

















【Vega56の印象】
発色がディープ。GeForce GTX960からRadeon RX580に乗り換えた時も、ピンク色とかすごくディープになったと感じたけれど、RX580からVega56に乗り換えるとさらにディープな世界になりました。夜明けの風景の色調が深い。それも、色補正で濃度を上げた時のように、色域の狭さやノイズを感じるではなく、機器本来がもつ発色の濃厚さで、濃いけど透明感がある具合。一方、砂漠は天候によっては濃すぎるきらいがある。色がおかしいと感じるシーンがある。でも多くのシーンで面白みがあって、この没入感からはもう後戻りできない。

NVIDIA GeForce GTX2060 GTX2070が登場し、コスパやワットパフォーマンス的にVega56/64を選択する余地がないけど、Radeonの「色再現」には購入後しばらく魅入っていた。NVIDIAの色再現は普遍的無難傾向で、透明感があり空が広く、どのシーンでも自然。

現在RX5800が発売しているのでVega56/64という選択は「パーツにコストがかかっているグラフィックカード」が欲しい場合限定。GeForceもAMDもハイエンドのカードにはコストがかけられているらしい。そういう点では、価格が落ちてから買うとコストパフォーマンスが高い。

【Phantom Gaming X Radeon RX VEGA 56 8Gの安定性】
設置当初、たまにゲームとの相性でかくつく事があり、軽いゲームなのにファンも最大になったり、またゲーム中に一瞬ウインドウズのデスクトップ画面が表示されたりするなど、微妙な要素がありましたが、ドライバの更新のおかげか?もう発生していない。でもたまにゲーム中にWindowsのHOME画面に一瞬なったりするので、OSから再インストールして安定するか試したい。